予防接種はやわかり一覧表

ワクチン
予防する
病気
ワクチンの
種類と
予防接種
接種が定められている
時期と接種する回数
別の予防
接種
との感覚
主な
副作用
勧奨接種(定期接種) ポリオ ポリオ
(小児まひ)
生ワクチンの経口投与 生後3か月以降に、6週間以上間隔をあけて2回盤回訓ま90か月までに行な4週問えば、何年間隔があいてもいいです。 4週間 ほとんどない
(200〜300万人にひとりがワクチンによってこの病気を起こす事があります)
BCG 結核 生ワクチンのスタンプ方式
(管針法)
4歳までの間に1回、ツベルクリン反応
が陰性の場合に受けます。
4週間 接種の跡が赤くはれたり化膿したりすることがあります。
まれに脇の下のリンパ節がはれることもあります。
DPT
(3種混合)
ジフテリア
百日ぜき
破傷風
不活化ワクチン十トキソイドの皮下注射 生後3か月以降、1期基礎免疫として、
3回(3〜8週間間隔で)接種します。
その後、1年〜1年半間隔をあけて1回
追加接種します。I期は、小学校6年
のときDT(ジフテリアと破傷風)を1回
接種します。
1週間 接種部位が赤くはれたり、しこりができたりすることがあります。まれに発熱することもあります。
麻疹
はしか
麻疹 生ワクチンの皮下注射 1歳から90か月までの間に1回接種します。 4週間 接種後1〜2週間の間に、約4週間20%の子どもに発熱と軽い発疹が現れます。
風疹 風疹 生ワクチンの皮下注射 1歳から90か月までの間に1回接種します。 4週間 軽い発熱や発疹、リンパ節のはれなどが見られることもあります。
日本脳炎 日本脳炎 不活化ワクチンの皮下注射 生後6か月以降90か月までに、1〜4週間あけて2回接種します。1年後に1回追加接種をします。その後4〜5年おきに追加接種を2回します。 1週間 ごくまれに接種部位がはれた、軽い発熱が出ることもあります。
任意接種 おたふくかぜ おたふくかぜ 生ワクチンの皮下注射 1歳以降に1回接種します。 4週間 2〜3週間後に、発熱や耳の下がかるくはれあがることもあります。
ごくまれに髄膜炎を起こすこともあります。
水痘
(水ほうそう)
水ほうそう 生ワクチンの皮下注射 1歳以降に1回接種します。 4週間 まれに軽い発疹や発熱が出ることもあります。予防接種4週間をしていても、約15%の子どもは水ぼうそうにかかります。しかし、症状は軽くすみます。
インフルエンザ インフルエンザ 不活化ワクチンの皮下注射 6か月以降、1〜4週間(4週間が望ましい)間隔で1〜2回接種します。できれば10〜12月に。
1週間 ほとんどありませんが、卵を食べることを医師から禁じられている子どもは、避けたほうがいいでしょう。